事業概要/活動状況

事業概要

児童家庭支援センターけいあいは、国と県の認可を受けて、児童養護施設 恵愛学園に付設された子どもと家庭についての専門相談機関です。
現在、児童家庭支援センターは全国に約120センターありますが、けいあいは全国で5番目に設立され、香川県ではここだけです。(平成30年4月現在)

児童家庭支援センターけいあいでは、法人理念「生かせいのち」のもと、法人内外の機関と連携しながら、地域の”子育て・子育ち”をさまざまな活動で支援しています。

<連携施設>
法人内:児童養護施設 恵愛学園、けいあいこども園、白鳥園
法人外:児童相談所、福祉事務所、学校、幼稚園、保育所、こども園など

スタッフには、センター長、相談員、心理相談員がいます。

活動状況

個別の相談で応援します

こんな相談をお受けします。

親や家族から

  • 子どものことで気になることがある
  • 学校や園にいきたがらない
  • 子どもといるとイライラする
  • ひとり親になって不安がいっぱい
  • パートナーから暴力を受けている
  • 子どもを預かってほしい

子どもから

  • 親からたたかれたり、無視されたりする
  • 友だちとうまくいかない
  • 学校にいきたくない

地域の方から

  • 地域に気になる家庭がある
  • 里親について知りたい

こんなこと相談してもいいのかな…、なんて思わなくていいんです。
子どもと家庭のことなら、どんなことでもいっしょに考えます。
もちろん、相談内容はかたく守られます。

相談方法

電話相談
0879-25-6067までお電話ください。24時間365日受け付けています。匿名でも構いません。
来所相談
けいあいにお越しいただき、お話をお伺いします。まずは、ご予約をおとりください。
託児もありますので、ご予約の際にお伝えください。
訪問相談
相談者の方のご家庭や希望する場所でお話をお伺いします。まずは、ご予約をおとりください。
遠方等により、ご希望に添えない場合があります。
  • ※心理相談(カウンセリング等の心理療法)をご希望の場合は、来所または電話でお受けします。ご予約をおとりください。
  • ※相談は無料です。ただし、電話相談については、通話料をご負担願います。

ひとりでがんばりすぎないで…、おはなししてみませんか?
みなさんが悩んでいること、一緒に考えましょう。

講座等で応援します

子育てミニ講座

子育てに関することの他、さまざまなテーマを取り上げ、年3回程度、実施しています。

<過去に実施したテーマ>

  • 子どもの目線で感じてみよう
  • ”甘え”を嫌う大人たち
  • 子育ての「常識」を考え直してみよう
  • 心と体のバランスを整えよう など
平成30年度 第1回子育てミニ講座「心のサインの見つけ方 ~子育てのヒント~」

7月5日に開催しました。
前半は、簡単な体操とマッサージで体をほぐすリラックスタイム、そして後半は、なかなか気付きにくい子どもの心のサインを参加者といっしょに考えていきました。
“心”について考えることがあまりなかったようで、いい機会になったようです。

※詳細はホームページや公共機関などにポスターを掲示してお知らせします。

CSP(コモンセンスペアレンティング)講座

CSP(コモンセンスペアレンティング)とはアメリカで開発された子どもの養育プログラムです。子どもと信頼関係を築きながら、効果的にしつけをしていくことに役立ちます。

平成29年2月14日(火)に開催しました。

参加者からは、「子どもに対して、もっとほめてあげられるところがたくさんあることに気付いた」「子どもとの接し方だけでなく、夫との接し方にも役立ちそう」などの声がありました。

平成30年2月~3月 7回連続講座を開催しました。

これまではプログラムを1~2月で伝える“紹介講座”を開催していたのですが、初めて実際のプログラム通りの時間をかけて進めました。
参加者からは「7回は大変だったけど練習をたくさんしたので実際の講座で使えます」「とても役に立っている」等の感想があり、効果を実感しているそうです。

ほっとルーム

東かがわ市内の幼稚園・保育所・こども園の降園時間に相談員が訪問し、
保護者の方や先生方の相談を受けたり、子どもたちと関わったりしています。

社会から虐待をなくすための活動をしています

児童虐待防止推進活動

11月は「児童虐待防止推進月間」です。
児童虐待防止の願いが込められたオレンジリボンをシンボルとしてキャンペーンを行っています。
東かがわ市及びさぬき市内の小中学校を訪問し、子どもたちにオレンジリボンについての話や自分の気持ちを伝えることの大切さを伝えています。


どの学校の子どもたちも、真剣に耳を傾けてくれています。

東かがわ市内の就学前施設を利用している方や関係機関の方々に協力をいただきオレンジリボンに関する作品を展示しています。

平成29年度は、丹生こども園と大内こども園の子どもたちとその保護者さん、里親さん、そして子どもと家庭を支援している機関にご協力をいただきました。
子どもたちの幸せを願うあたたかいメッセージと一生懸命ぬってくれたぬり絵がこんなにたくさん寄せられました!
このみなさんの想いが社会全体に届き、全ての子どもたちが安心・安全に生活できる社会の実現を目指してこれからもキャンペーンに取り組んでいきます。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

里親さんを応援します

里親支援活動

さまざまな理由により、家族を離れて生活をしなければならない子どもたちがいます。そんな子どもたちの家庭に代わる生活場所のひとつが里親さんの家庭です。
里親と里子がその地域の一員として幸せに生活できるようお手伝いしています。
また、里親支援機関として啓発活動にも取り組んでいます。

PDFはこちらからご覧いただけます

ドレミファミリー

ドレミファミリーとは、香川県での里親(養育里親)の愛称です。
里親自らが中心となり、里子にとって、よりよい養育をするため、交流イベントや研修など、様々な活動をしています。
けいあいをはじめ、児童養護施設が積極的にこれらの活動に参加することは、同じように子どもの養育を行っている施設にとっても、貴重な機会になっています。

里親サロン

平成29年2月23日(木)に児童家庭支援センターけいあい・恵愛学園主催里親サロンを開催しました。
「里親としての自分をふりかえろう」をテーマにグループに分かれたワークに取り組みました。
”里親として必要なことはなにか”と里親さんと里親さんを応援する機関それぞれの立場から意見を伝え合い、共有する機会となりました。

里親のことについて知ってもらう活動(啓発活動)

“里親の日”平成29年10月4日(毎年10月4日は“里親の日”)

平成29年10月1日に行われたかがわ子育て支援フェスティバル(さぬきこどもの国にて)で、ドレミファミリー(香川県里親会)とドレミサポーター(県内の里親支援機関)ブースを出店し、啓発活動を行いました。
たくさんの親子が私たちのブースに遊びにきてくれ、子どもたちがクラフト等をしている間に、家族の方がパネルやチラシを見てくれていました。

街頭キャンペーン

平成29年度は、11月28日に高松市丸亀町商店街で活動しました。
子ども虐待・DV防止とともに里親について広く県民のみなさまに知ってもらえるよう活動しています。

丸亀ハーフマラソン

平成29年2月4~5日に行われた丸亀ハーフマラソンにて、児童虐待防止&里親の啓発活動をしました。
関係機関みんなで作ったオレンジリボンやたすきを一般のランナーに渡すと、たくさんの方が身に着けて走ってくれました。 また、私たちの仲間も3kmの部とハーフの部両方にエントリーし、力走しました!!